feel the moon
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牧野隆志さんへ
2014-02-11 Tue 12:23
こんなに雪が積もったのは何年ぶりだろ
牧野さんの涙が凍って降り積もってるのかな。。


7日の午前0時半に、天国へ逝ってしまった牧野さん

「あらあらかしこ」の番組内で、肺癌である事を告げてから3年半。
病と必死に闘い、辛い身体で東京から仙台まで毎週来てくれたよね。


生放送では愚痴ひとつ吐かず
辛い顔は全く見せず
いつも、他のメンバーさんや視聴者の私達を、優しく気に掛けてくれてた

並々ならない覚悟と、病気に真っ直ぐ向き合い戦う姿を見せてくれた

ホント、かっこ良すぎです
牧野さん




震災時、牧野さんが仙台にいたとの事でビックリしたのを覚えています。

津波から逃れたと聞き、ホッとする半面
なぜ神様は、彼を家族のいる東京に留めていてくれなかったの…?と、嘆き悲しみました



あの時、番組には沢山の視聴者の嘆きのメッセージが届いたと思うんです

中には、抗がん剤の副作用による色素沈着を知らずに、責めるようなメッセージもあったよね。。


でも、彼はそのひとつひとつに背を向ける事なく、真っ直ぐ向き合ってくれました
「これは副作用によるものですが、健康的に見られてるのなら、これはこれでいいかも」


…なんて


こんなに、宮城を大切に思ってくれる人いないよ
あんな時期に「仙台に戻りたい」なんて、そんな事言ってくれる人いない


身体を削って宮城に来て、みんなを支えてくれていたのを知っていただけに
私は正直、「自分は被災者だから…」と、嘆きをぶつけるのはどうかと感じてて。

でも、牧野さんはどんなメッセージにも前向きに励ましてくれて
時には、一緒に涙してくれた



…どうして、牧野さんの一番辛い時期と、宮城が一番辛い時が重なっちゃったんだろ

色んな感情の狭間で、苦しかったよね

ごめんね



叶うなら、どんな姿でも会いたかった
絶対戻ってくると信じてた


今は苦しみから解放されたかな
ゆっくり休めてるかな

宮城に、楽しい時間と笑顔を届けてくれて
ありがとう
スポンサーサイト
コメント:0
| 飼猫的生活 | NEXT
20061203154804.gif
" border="0">
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。